憲法を仕事と暮らしに生かそう自治労連埼玉県本部日本自治体労働組合総連合

「さいたま市は公立保育所を減らさないでください」署名にご協力ください

2022.09.09

 さいたま市は、「公立保育園の新たな役割を定める」と言いながら、他方で61ある公立保育園を半減(場合によっては20園程度まで減)する計画を策定しつつ、すでに一部を実行に移し、賃貸施設の統廃合等に着手しています。
 それは、老朽化園の廃止・統合、保育士不足に対応する縮小再編、10数年先の保育需要減少を見越した公立の縮小……という文字通りのリストラです。
 県内には、これまでも「説明ぬき」で縮小・再編が計画・実行されている自治体も少なからずあり、県内の保育リストラから、➊今日的課題(障害、病児、保育相談、等々)に対応できる保育の質を高めるとりくみとして、また、➋正規・会計年度保育士の雇用を守り、賃金・労働条件向上で保育士希望者を増やす運動として、自治労連埼玉県本部全体でさいたま市の公立園半減をストップさせる取り組み(署名活動)に参加します。
 ぜひ、さいたま市民だけでなく、多くのみなさんのご協力をお願いします。

署名用紙をダウンロードして下記まで送付いただくか、
下記QRコードからネット署名も可能です。

  署名主催者 子どもの権利・福祉・教育・文化さいたまセンター
          〒330-0843 さいたま市大宮区吉敷町4-93-5大宮教育会館2F
           TEL 048-641-6763 FAX 048-648-3567 
           MAIL saitama@kyouiku-net.org

  署名締切 9月末日

カテゴリー : 未分類 / 新着情報 / 署名・チラシ等
タグ :